海の中でもオシャレしたい!サーフィンにオススメのピアスとは?

サーフィン

海の中でもいつも通りピアスをしてオシャレを楽しみたいですよね!でもお気に入りのピアスが錆びてしまったり、波に巻かれて外れてしまうのはイヤ!この記事ではどのようなピアスがサーフィンにオススメなのか解説したいと思います。

オススメの素材とは?

傷や海水による錆びに強い素材のサージカルステンレスがオススメです。

サージカルステンレスとは、医療用の工具(メス・ハサミ)に使用される高品質なステンレスで、非常に頑丈で錆びにくい特性があります。JIS規格で「SUS316L」と呼ばれ、ステンレスの中でもアレルギー性の極めて低い素材です。

錆びにくい

酸化に強い素材であるため、錆びにくく変色しにくいという特徴があります。
ステンレスは、本来は錆びやすい鉄にクロムを合金することで、表面が不導体被膜という酸化物で覆われるために酸化しにくくなっています。そのため、お風呂、温泉、海、プールでも付けたままでも大丈夫です。

傷に強い

硬度が高く、キズが付きにくいのが特徴です。しかし硬度が非常に高いため、手彫り彫刻などの繊細なデザインには向いていないと言われています。

軽量

軽量で装着時の負担が少なく快適に身に着けられます。

アレルギーを起こしにくい

サージカルステンレスは、鉄・クロム・ニッケルなどを含む合金であるため、アレルギーを起こしやすい素材も含まれています。しかし、酸素と結合することで不働態被膜と呼ばれる酸化膜が形成され、金属アレルギーの原因である金属イオンが溶け出さない為、金属アレルギーを引き起こしにくいとされています。

属アレルギーのある方には海以外でもサージカルステンレスがオススメです。次の表は素材によるアレルギーの強弱を示したものです。

コスパが良い

サージカルステンレスは人工的に作られた合金であり、貴金属に分類されないため、他の金属と比べて安価に手に入れることができます。

メンテナンスが簡単

特別な洗浄やお手入れが必要ありません。研磨剤の入っていない柔らかい布で拭いてあげる程度で十分です。

ステンレスにもいろいろな種類があり(SUS304、SUS321等)、その中のひとつの種類である「SUS316L」が、一般的にサージカルステンレスと言われています。「ステンレス」としか書かれていない商品は、サージカルステンレスではない場合があるので注意が必要です。

波に巻かれても外れないピアスとは?

フレンチフックやフープタイプ

ピアスホールに引っ掛けて留めるタイプのピアス金具です。後ろの受けがバネ式になっていますので抜け落ちにくくなっています。サーフィン&アウトドア用ピアスの専門「 Free Hope 」では天然石を使用したオシャレなピアスがたくさん販売されています★

ねじ式タイプ

キャッチ部分がネジ式になっているのでウェットスーツの脱着時にも外れにくいです。また何かにひっかかり耳たぶが割けてしまうというアクシデントもないので安全でオススメです。

どこで買えるの?

サージカルステンレス素材を使用したピアスは、実店舗での取り扱いはかなり少なめです。そのためネットでの購入がオススメです★

リーズナブルでオシャレなピアスがたくさん見つかりますよ!

「サージカルステンレス ピアス」や「サーフィン ピアス」などで検索してみて下さい♪

まとめ

サージカルステンレスは耐久性があり錆びにくく、また軽量でアレルギー反応の少なさなどの利点を持っておりサーフィンに適した素材です。また快適な着け心地により、長時間の使用にもオススメです。

ビギナーの方には安全なねじ式のピアスがベターです。

ネットではリーズナブルでオシャレなピアスがたくさん販売されているの是非検索してみて下さい。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました