ウェットスーツのファスナーが開かない!そんな時は2つの100均アイテムで解決!

サーフィン

久しぶりにウェットスーツを着てみたらファスナーが硬くて着るのに一苦労!という経験はありませんか?私の経験上、ファスナーが長いロングチェストタイプのウェットスーツが途中でひっかかることが多いんです。

これはいわゆる「塩噛み」といわれる状態で、海水の塩分が結晶化してしまい、ファスナーなどが正常に動かなくなることです。

私の場合最悪なことに、引っ張りすぎてこんなことに・・・

やってしまいました。取っ手が取れちゃいました・・・

皆様にはこうなる前に是非実践して頂きたいのが、100均アイテムを使ったこちらの方法です!

使うアイテムはずばり、3つのみ

・シリコンスプレー(ダイソー)、ロウソク(ダイソー)、ドライヤー

なんと100均アイテムで解決できちゃうんです。シリコンスプレーとロウソクはダイソーでゲットできます。それぞれ100円です。安い~♪

それでは方法の説明です!工程は3つ!

① ファスナー部分にシリコンスプレーをかける

シューっとかけるだけ!秒で終わります。

② ファスナーにロウソクをこすりつける

軽く押し付けるだけで簡単にロウがつきます。

③ ロウを塗ったところにドライヤーで熱風を当ててロウを溶かす

ガーッと温風を当てるだけ!ウェットスーツの生地にはなるべく当てないように気を付け下さいね!

これで終了!!超簡単!!

軽い塩噛みなら①のシリコンスプレーだけでも十分です。私の場合スプレーだけではまだひっかかりがあったのでロウソクも足してみました。するとどうでしょう!取っ手が取れる程硬かったファスナーが嘘のように、軽く引いただけでスルスルと動くようになりました!

お湯につけるという方法もありますが、生地の劣化や接着面のはがれを招く恐れがあります。しかも結晶化した塩を溶かすにははお湯だけでは難しいのです。

硬いな~と思いつつ、そのままに放置していると私のように取っ手が取れるという最悪な事態を招きますよ~

そうなる前に!200円で解決できるこちらの方法、是非お試しください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました